FC2ブログ

YouTubeユーチューブで趣味探し!

趣味探しの第一歩はイメージをすること。ユーチューブ動画を使ってイメージトレーニングをしてみましょう!

ネイルアート 

◆今回の趣味探し ネイルアート◆
ネイルアートとは、手足の爪に施す化粧や装飾の事である。ネイルアートを施してくれる店をネイルサロン、その技術者をネイリストと言う。紀元前3000?4000年ごろの古代エジプトには、すでに爪に着色をする文化があったことがミイラなどで確認できる。 ヘナなどの植物性の染料を用い、位の高い人間ほど濃い色で着彩されていたとみられる。18世紀頃のヨーロッパで現在のようなネイルアートが広まったとされている。 中国では唐の時代に楊貴妃が爪に染色を行っていた。日本には平安時代に伝来し、ホウセンカやベニバナの花の汁を用いて爪に色をつけていた。江戸時代には遊女が行っていた事が知られている。(さらに詳細⇒ウィキペディア

 
[ 2008/04/15 22:17 ] 芸術 | TB(0) | CM(0)

俳句/川柳 

◆今回の趣味探し 俳句/川柳◆
俳句(はいく)とは、五・七・五の音節から成る日本語の定型詩であり、世界最短の詩である。俳句を詠む(作る)人を俳人と呼ぶ。17世紀に松尾芭蕉が出てその芸術性を高め、なかでも単独でも鑑賞に堪える自立性の高い発句、すなわち地発句を数多く詠んだ事が後世の俳句の源流となる。さらに近代文芸として個人の創作性を重視して俳句を成立させたのが、明治時代の正岡子規であった。(さらに詳細⇒ウィキペディア

 
[ 2008/04/12 01:05 ] 芸術 | TB(0) | CM(0)

写真/カメラ 

◆今回の趣味探し 写真/カメラ◆
20世紀の間に、芸術写真とドキュメンタリー写真の両方が英語圏の美術界とギャラリー業界に受け入れられて来た。アメリカ合衆国では、少数の学芸員が、写真をそうした業界に取り込ませるために生涯を掛けた。中でも傑出した学芸員・編集者はアルフレッド・スティーグリッツ、エドワード・スタイケン、ジョン・シャーカフスキー、およびヒュー・エドワードである。「芸術写真」は1920年代の日本においても最新動向として紹介され、1921年に東京では福原信三が写真芸術社を、それに先立ち大阪では上田竹翁(別名:上田寅之助、箸尾寅之助、竹軒楽人)が次男の箸尾文雄や写真家の不動健治らとともに芸術写真社を興し、雑誌を発行して盛んに宣伝した。(さらに詳細⇒ウィキペディア

 
[ 2008/04/11 23:44 ] 芸術 | TB(0) | CM(0)

絵画/水彩画 

◆今回の趣味探し 絵画/水彩画◆
水彩(すいさい)とは、水を溶剤とする絵具、及びその絵具を使用して描かれた絵画のこと。水彩絵具で描かれた絵を水彩画(すいさいが)と言う。水彩用の絵具は、透明水彩(ウォーターカラー)と不透明水彩(ボディーカラー)とに分類される。美術作品においては、水彩画は透明水彩の絵具で描かれたもののみを指すことが多い。(さらに詳細⇒ウィキペディア

 
[ 2008/04/11 23:03 ] 芸術 | TB(0) | CM(0)

スクーバダイビング/スキューバダイビング 

◆今回の趣味探し スクーバダイビング/スキューバダイビング◆
スクーバダイビングは、海事工事、水難救助、軍事などの職業的活動としても行われるが、一般にはレジャーダイビングを示すことが多い。 Cカードの取得。街のダイブショップで所定の講習を受けて取得する方法が一般的であるが、旅行のついでに取得する方法もある。(さらに詳細⇒ウィキペディア

[ 2008/04/11 22:54 ] 自然とのふれ合い | TB(0) | CM(0)

ディスクドッグ/フリスビードッグ 

◆今回の趣味探し ディスクドッグ/フリスビードッグ◆
ディスクドッグ競技(ディスクドッグきょうぎ、Disc dog)は、競技者(人間)と競技犬とのペアで行うドッグスポーツの一種。競技者が投げたディスクを競技犬が空中でキャッチしその得点を競う。ここで言うディスクとは、プラスチック製の円盤状の物を言い、大きさや重さ等は競技の運営団体により異なる。競技の種類は主にディスタンス部門とフリー部門の2種類がある。(さらに詳細⇒ウィキペディア

[ 2008/04/10 20:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

陶芸 

◆今回の趣味探し 陶芸◆
陶芸(とうげい)とは、粘土に造形を凝らしてこれを高温の窯で焼成することにより陶磁器をつくる技術のこと。焼きものとも呼ばれる。造形方法には轆轤(ろくろ)の上に置き、手や足で回しながら、両手で皿や壷などの形をつくっていく方法や手びねりという方法、或いは型を用いて土の形を整える方法などがある。九谷焼で使用された窯焼き方には、窯を用いない「野焼き」や、七輪を用いる「七輪陶芸」などという手法もある。土の種類やこね方、釉、そして焼く温度など、様々な要素が作品に貢献する。したがって、洋の東西を問わず世界中にいろいろな技法が存在する。(さらに詳細⇒ウィキペディア

[ 2008/04/10 19:25 ] 芸術 | TB(0) | CM(0)

プラネタリウム 

◆今回の趣味探し プラネタリウム◆
プラネタリウムを最も多く保有している国はアメリカで、その次に日本の約300基が続いている。また施設のドーム直径の大きさは世界5位までが全て日本のものであり、愛媛県総合科学博物館にある直径30メートルのものが最大である。(さらに詳細⇒ウィキペディア

 
[ 2008/04/10 19:13 ] 室内ゲーム | TB(0) | CM(0)