YouTubeユーチューブで趣味探し!

趣味探しの第一歩はイメージをすること。ユーチューブ動画を使ってイメージトレーニングをしてみましょう!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホッピング/ポゴスティック 

◆今回の趣味探し ホッピング/ポゴスティック◆
元々は、アメリカ合衆国のジョセフ・ウィンストン・ハーバート・ホプキンスが1820年代に考え出したポゴ・スティック(Pogo Stick)というもので、1957年頃に日本で玩具として発売した際にホッピングと命名された。現在は一時期ほどの流行はないものの、定番の遊びとして定着している。また、Xスポーツ等の競技で大人が楽しめるスポーツとして、次世代のホッピングと言えるものが誕生している。(さらに詳細⇒ウィキペディア

スポンサーサイト
[ 2008/05/11 11:38 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

一輪車 

◆今回の趣味探し 一輪車/マウンテン・ユニサイクリング◆
マウンテン・ユニサイクリングとは、一輪車を用いてオフロードサイクリングを行う行為である。今日では、全世界で数百のマウンテン・ユニサイクリストがいる。世界で最も有名なのはカナダ人のクリス・ホルム(Kris Holm)であり、自身の名前の付いたマウンテン一輪車会社「クリス・ホルム」を1999年に設立している。彼は「マウンテン・ユニサイクリストはもっと転倒することに慣れなければいけない」と言っている。(さらに詳細⇒ウィキペディア

[ 2008/05/11 10:22 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

バグパイプ 

◆今回の趣味探し バグパイプ◆
リード式の民族楽器で、簧(リード)の取り付けられた数本の音管(パイプ pipe)を留気袋(バッグ bag)に繋ぎ、溜めた空気を押し出す事でリードを振動させて音を出すものである。スコットランドのものが有名であるが、この他にも独自のバグパイプがアイルランドをはじめ、スペインからトルコに至るまでの広い範囲に存在している。また、インドを始めとする旧イギリス帝国植民地諸国では、軍事パレードで旧宗主国由来のバグパイプによる軍楽隊が使われることがある。 楽器の起源は定かではないが、古くはローマ時代にまで遡ると考えられている。(さらに詳細⇒ウィキペディア

 
[ 2008/05/11 09:56 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

シタール 

◆今回の趣味探し シタール◆

北インド発祥の弦楽器。民族楽器の一つ。伝統的なシタールは19弦で、棹は長さが約90cmで約20個の金属製のフレットが結びつけられている。フレットの上には約7本の金属製の演奏弦が張られており、左手の指で弦を押さえミンド(チョーキング)という奏法により1フレットにつき4-5度音をだす。伝統的なインド音楽やインド・ポップスに使用されるが、60年代半ばヤードバーズのジミー・ペイジやビートルズのジョージ・ハリソン、ローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズらが使用したため欧米のロックファンにも良く知られる楽器になった。(さらに詳細⇒ウィキペディア

[ 2008/05/11 09:40 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

リコーダー/たて笛 

◆今回の趣味探し リコーダー/たて笛◆
リコーダーの名は"記録するもの(recorder)" の意で、小鳥の声を模して演奏する習慣があったためという。西ヨーロッパでは中世から存在が知られ、ルネサンス音楽頃には盛んに用いられていた。生産が簡易なことと、初心者でもなんとか音を出すことは容易であるため、ドイツや日本において多少の改造の上、教育用の簡易楽器として普及した。日本においては、一般的に学校教育における使用のイメージが根強い。(さらに詳細⇒ウィキペディア

 
[ 2008/05/06 21:36 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

オカリナ 

◆今回の趣味探し オカリナ◆
オカリナ(オカリーナ、ocarina)は気鳴楽器の一つであるが、管楽器とは発音原理を異にする特徴的な楽器である。イタリアや日本では涙滴状の形のものが最も一般的。さらに世界的に見れば丸形や角形の陶器製の楽器もオカリナとよばれ、数多く存在している。素朴でまろやかな音色が特徴。起源はマヤ文明にまでさかのぼることができ、亀の形をしたものが発掘されている[1]。中国および中央アメリカにおいては動物の形状をしたオカリナが文化上重要な地位にあった。オカリナの名前はイタリア語の「小さなガチョウ(oca:ガチョウ rina:小さい)」に由来する。(さらに詳細⇒ウィキペディア

[ 2008/05/06 21:11 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

腹話術 

◆今回の趣味探し 腹話術◆
もともと腹話術は、古代において呪術や占いの一部として神秘的な力をアピールするために用いられていた。また、聖書にも腹話術のこととみられる記述がみられる。中世になって魔女狩りが行われるようになると、腹話術師たちも迫害の対象となった。近年では腹話術は単なる娯楽に留まらず、精神障害を持つ子供の教育に利用する動きもある。日本では、2003年5月にNPO法人日本腹話術師協会(Japan Ventriloqusits' Association)が設立された。(さらに詳細⇒ウィキペディア

[ 2008/05/06 19:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

手品/マジック 

◆今回の趣味探し 手品/マジック◆
奇術 (きじゅつ)あるいはマジック(Magic)とは、人間の錯覚や思い込みを利用し、実際には合理的な原理を用いてあたかも「実現不可能なこと」が起きているかのように見せかける芸能。通常、観客に見せることを前提としてそのための発展を遂げてきたものをいう。中世から近世にかけて西ヨーロッパにおいて、奇術を演じる者は「悪魔と契約を結んで本当に邪な力を得たのではないか」との嫌疑をかけられることがあり、一部の奇術師たちは訴えられて処罰された。近世に入って魔女狩りが盛んに行われるとヨーロッパでは奇術の技術的発展もストップした。(さらに詳細⇒ウィキペディア

 
[ 2008/05/06 19:25 ] 室内ゲーム | TB(0) | CM(0)

座禅/坐禅 

◆今回の趣味探し 座禅/坐禅◆
坐禅は瞑想と同一視される場合があるが、目を閉じて何らかの対象を頭の中でイメージする瞑想とは方向性が異なる。坐禅の目的は心中のイメージに囚われずにあるがままの自分と世界を体感し、無の境地に至ることである。日本の曹洞宗開祖である道元は只管打座(しかんたざ)、すなわちただひたすらに坐ることを重視した。何かの功徳や利益を得るために坐るのではなく、ただ坐ることに打ち込むことである。(さらに詳細⇒ウィキペディア

 
[ 2008/05/06 19:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

乗馬 

◆今回の趣味探し 乗馬◆
乗馬は趣味やスポーツとして人々に楽しまれている。スポーツ競技としては、騎乗の正確さや活発さなどを競う馬術競技や、馬の速さ、着順を競う競馬、乗馬ホッケーとでもいうべきポロ、カウボーイの腕自慢から発展したロデオなどの種類がある。また、競技にとらわれず、野外での乗馬を楽しむ外乗、逍遥乗馬や狐狩りに代表される猟騎、より身近には乗馬学校・乗馬クラブでの練習等、騎乗自体を楽しむためにも乗馬は幅広く親しまれている。また近年、乗馬による心身の癒し効果の見地より、治療行為としての乗馬(ホースセラピー)がドイツやアメリカから始まって世界に広がりつつある。(さらに詳細⇒ウィキペディア

 
[ 2008/05/06 08:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ATV/四輪バギー 

◆今回の趣味探し ATV/四輪バギー◆
全地形対応車(ぜんちけいたいおうしゃ、All Terrain Vehicle 略:ATV)とは、泥地(ダート)、砂浜(サンド)、雪道(スノー)、舗装道路(ターマック、オンロード)、路外(オフロード)、がれ場、荒地(ラフロード)などの様々な地形を進むことのできる自動車であり、一般にはバギーと称されているが、二輪駆動車、三輪・四輪バギー、後輪2輪駆動車ともいわれている。(さらに詳細⇒ウィキペディア

 
[ 2008/05/06 08:06 ] 自然とのふれ合い | TB(0) | CM(0)

シャボン玉 

◆今回の趣味探し シャボン玉◆
石鹸(シャボン)などを水に溶かした液体(シャボン液)をストローなどの先端に付け、ストローの他方を口で吹いてシャボン膜(薄い膜)を膨らませ、球体を作る。さらに勢い良く吹くか、ストローを適当に動かしてシャボン膜とストローを切り離すと、シャボン玉を飛ばすことができる。(さらに詳細⇒ウィキペディア

 
[ 2008/05/03 11:44 ] 子供時代 | TB(0) | CM(0)

バトミントン 

◆今回の趣味探し バドミントン◆
インドネシアやマレーシアの国技となっている。元々は1820年代にインドのプーナで行なわれていた「プーナ」(Poona)という皮でできた球をネット越しにラケットで打ち合う遊びを、当時イギリスの植民地であった、インドから帰ってきたイギリス人兵士(イギリスとインドの混血とも)が1873年に本国に伝えたのが始まりとされる。その兵士は、プーナを紹介するためにシャンパンの栓に鳥の羽根を刺したものを用い、それをテニスラケットで打って見せたという。紹介されたのがイギリスのグロスターシアのバドミントン荘という邸宅であったため、バドミントンという名称がついた。1972年のミュンヘンオリンピック、1988年のソウルオリンピックでは、公開競技として行われた。1992年のバルセロナオリンピックより正式競技種目として採用され、以後、2012年のロンドンオリンピックまで、実施予定競技として決まっている。(さらに詳細⇒ウィキペディア

 
[ 2008/05/03 11:23 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

オートバイ 

◆今回の趣味探し オートバイ◆
以前の日本では、オートバイは若者の乗り物(場合によっては経済力のない若者が四輪車までの繋ぎに乗る乗り物)という見方があった。ところが、このところライダーの年齢層が上昇し、中高年ライダーが増加している(2005年での平均年齢は42.7歳、自工会調べ)。ちょうど、1980年代のオートバイブームの時代に20歳前後だった層が現在ライダーの主力となっていることになる。中年を迎え、ある程度経済的な余裕がでてきたこの年代層が、一旦降りていたオートバイに乗り直したり(リターンライダー)、昔の夢を実現しようと新たに乗り始めたり(遅咲きライダー)したためと思われる。(さらに詳細⇒ウィキペディア

 
[ 2008/05/03 11:09 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

沢登り/シャワークライミング 

■今回の趣味探し 沢登り/シャワークライミング■

沢登り(さわのぼり)は、沢や滝を登ること、または、その技術。伝統的に登山の一形態とされることが多い。渓流は美しく見えるが、一般に「山で道に迷ったら尾根に出ろ」というように、歩くコースとしてはよくない面が多い。凹凸が激しく、足下は滑りやすく、水に落ちると体を冷やす。また、滝があると迂回しなければならない。これらを逆手にとって、水に入る用意、岩を登る用意をした上で、それを積極的に楽しんでしまおうというのがこれである。(さらに詳細⇒ウィキペディア



[ 2008/05/03 10:49 ] 自然とのふれ合い | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。